posted by | on 発展 |

IT技術は年々発展を遂げ、新しく発売した商品やサービスが数ヶ月経過すると、新しいものに取って変わります。
日本でパソコンが普及、発展するきっかけとなった年は、1995年です。
アメリカにある世界的に展開するパソコンメーカーの”MicroSoft”社が”Windows 95”を発売しました。
以前はとても高級で、大企業の中でも一部の人しか使うことができなかったパソコンが、一般企業にも大きく普及していきました。
一般企業のみならず、学校においてもパソコンが導入されるようになりました。
義務教育である学校教育において、情報の授業が取り入れられました。そこで、コンピューターの使い方やインターネットの使い方についての授業が行われました。
以前と比べ、価格やパソコン自体の大きさが小さくなったため、一般家庭でもパソコンを購入する人が増えてきました。
パソコンの普及に伴い、同時にインターネットの利用と普及も増えてきました。
インターネットとは、世界中の情報を共有できるシステムで、自分が調べたいキーワードを検索すればそれに関する情報が出てきます。
そうやって自分の必要な情報をどんどん入手できるようになりました。… Read more

有名なウイルス

2月
2014
25

posted by | on 発展 |

有名なウイルスに、「トロイの木馬」というものがあります。… Read more

posted by | on 発展 |

感染タイプ別のウイルスを引き続き特集していきます。… Read more

posted by | on 発展 |

ウイルスにより、多くの被害がもたらされます。
そのため、できる限りのウイルス対策を行うとよいでしょう。… Read more